マンション管理士について

業務内容

マンション管理士は、マンションの維持・管理に関するコンサルティング業務を手がけます。マンションの管理組合や区分所有権者が直面するトラブルを解決する専門家として、「マンション管理士試験」の合格とその後の登録が求められる国家資格が必要です。
専門知識を持たないマンションの管理組合の担当者に「会計処理の方法」「運営コストの削減」といった組織の運営方法から「建物の修繕が必要になった場合の工事会社の選定」のような事柄まで、幅広くアドバイスするのがマンション管理士の仕事です。また、各マンションの管理組合から個別に依頼を受けるだけではなく、自治体が主催するセミナーでの講演や相談会に出席したり、マンション管理に関するアドバイザー制度を設けている自治体でアドバイザーに就任して活動したりすることもあります。

マンション管理士

<試験実施機関について>
公益財団法人マンション管理センター(試験案内専用電話03-3222-1611)
2019年度マンション管理士試験について
試験日2019年11月24日(日)
受験願書の申請9月2日~10月1日

受験資格※年齢、学歴などの受験制限はなくどなたでも受験できます。

マンション管理士試験の受験等に関する問合せ先

公益財団法人 マンション管理センター
マンション管理士試験専用電話
電話:03-3222-1611